Happy Holiday SIM、つながらないならローミングしてみよう

認識するのは簡単

バンコク、スワンナプーム空港からシティラインの改札を入ったところで配られていた無料のdtacのHappy Holday SIMカードを使ってみました。

サイズは日本で言うところのノーマルサイズでも、内側をパカっと外してミニサイズとしても使えます。

0319-1a

あとは、SIMを挿して、念のために電源を入れ直すだけ。APNなんかも自動的に認識されました。

0319-3a

開通すると電話番号が送られてきます。国内通話は1分0.99バーツ、データ通信は1MBで2バーツだそうです。もとものこのSIMには15バーツ分入っているので、ちょっとは使えます。

0319-4aaa

Rが表示されていたら

SMSも送られてきて開通、のはずですが残念ながらデータ通信ができませんでした。アンテナの部分を見ると小さく「R」と表示されています。一瞬「Rejectか?」と思ってしまうのはわたしだけかもしれませんが、これはRoamingのRです。

Rが表示される原因は、dtacがTriNetという仕組みを使っているためででょう。TriNetは2G, 3G, 4Gのそれぞれの周波数帯をその地域の状況に合わせて切り替えながらシームレスに使っていく仕組みのようです。

TriNetを使うには、機種によってはローミングの設定が必要になるようです。わたしのiPhone5はローミングの設定がなくても使えますが、中国製Androidスマホではローミングをオンにしないとデータ通信ができません。

0319-7aa

今回の中国製vivo Y22もローミングをオンにすることで無事データ通信が可能になりました。

もし、dtacのSIMを挿して、データ通信ができず、Rが表示されていたらローミングをオンにしてみてください。

0319-6

バンコクの自宅にtrueのインターネット回線を引いた

010600

バンコクでは、プリペイドのSIMカードが便利で、4Gが使えるエリアも拡大中ですが、速度はともかく月最大1Gを超えると速度が128Mになってしまうとか、不便で不経済になってきます。

そこで部屋に直接インターネット回線を引くことにしました。と言っても昨年の12月の話ですが。

バンコクのコンドミニアムの場合、trueかTOTの2社くらいしか選択肢がないようです。不動産会社によるとわたしのところではtrueを勧めているというので、それに従うことにしました。

契約したのは、Ultra Hi-Speed Int. 回線はDOCSISという方法です。ケーブルテレビの回線を利用するようです。

回線速度には、いくつか種類があって、

15M/1.5M(下り/上り) — 月額599バーツ
18M/1.8M(下り/上り) — 月額699バーツ

200M/15M(下り/上り) — 月額9,999バーツ

最速のタイプは高いですね。
ここを見るとtrueのオススメは下り18M/上り1.8M(月額699バーツ)のようです。

ところが、最速のタイプも試してみたという不動産会社の方によれば「体感的には変わらない」ということだったので、いちばん安い15M/1.5M(月額599バーツ)のタイプを申し込むことにしました。

工事は担当者が時間通りにやってきて始まりました。ですが、何だか苦戦していて、結局1時間くらいかかってしまいました。不動産会社の方に聞くと同じコンドミニアムの別の部屋では15分くらいで終わったと言うのですが、いったい何が違ったのでしょうか。

回線が出てくる部分を見ると白いカバーに穴を開けて新しく同軸ケーブルを通したようです(壁までは到達していたのでしょうが)。他の部屋ではこんな工事は必要なかったようです。同じオーナーの部屋なので同じ状態だと思うのですが分かりません。

0106c

無事回線が接続し「EPC3825」というciscoのWifiルータの設定をして終了しました。ちなみにNTTのようにルータのレンタル料は発生しません。

0106a

0106b

実際に使ってみてた感じでは、もちろんNTTの光フレッツよりは遅いです。何年か前に日本で使っていたADSLくらいかな。

これまでのところ回線が途切れることもなく、極端に遅くなることもなく使えています。

動画がサクッというわけにいかないので、速い回線の速さが信頼できそうならいずれ変更しよかと思います。

Gmailのアカウントのメールを別アカウントにインポートしたら7時間かかった

Google Appsで使っているGmailアカウントのメールを別のGmailのアカウントにインポートしました。

POPを使ってGoogle Appsのメールアドレスaaa@bbb.comの中のメールを、別のアカウントxxx@yyy.comのフォルダに全部コピーした記録です。

全部終了するのに7時間もかかってしまいました。

先にご報告しますが、この方法はインポート元の既読のメールが、全部未読としてインポート先に読み込まれてしまいます。後の処理を考えるとうんざりする方法でした。

手順は、https://support.google.com/mail/answer/21289?hl=jaに詳しくあるので、これに従って進めました。

わたしの場合は両方ともGoogle Appsでしたが、普通のGmailのアカウントでも同じです(というより上の手順はxxx@gmail.com用になっています)。

インポート元の設定

Gmailからインポート元のアカウントにログインして、歯車のマークから設定を選択。そこからメール転送とPOP/IMAPタブを開きます。

1215-a

POPダウンロードでPOPの設定をします。
1. ステータス:すべてのメールでPOPを有効にする
2. POPでメールにアクセスする場合「aaa@bbb.comメールのメールを受信トレイに残す」(推奨だそうです)

いちばん下の「変更を保存」をクリックしたらインポート元の設定は終わりです。

インポート先の設定

インポート先のアカウントにログインして、同じように歯車のマークから設定を選択。

その後は「アカウント」タブを開きます(普通のGmailでは「アカウントとインポート」になっています)。

「POP3を使用して他のアカウントのメッセージを確認」のところから「自分のPOP3メールアカウントを追加」をクリックします。

1215-3

現れた画面にメールアドレスを入力すると、ユーザ名、パスワードなどの入力画面になりました。

1215-5

Google Appsのアカウントなので「ユーザ名」はメールアドレス(aaa@bbb.com)、POPサーバは「pop.gmail.com」と入力しました。ポートはデフォルトは「110」になっていますが、「995」のようです(110だとエラーになりました)。

1215-6

ほかに、
取得したメッセージのコピーをサーバーに残す:チェックなし
メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する:チェック
受信したメッセージにラベルを付ける(aaa@bbb.com):チェックして付けることにしました。
メッセージを受信トレイに保存せずアーカイブする:分かりませんがチェックしていません。

これで「追加」をしたのですが、エラーが表示されるので繰り返していたら、いつのまにか登録されていました(はっきりしないまま登録が終わってしまいました)。

もう一度、Gmailの設定の「アカウント」タブに戻ると「POP3を使用して他のアカウントのメッセージを確認」にaaa@bbb.comが表示され「メールの確認中」と表示されれば設定は終わりです。

1215-7

あとは、延々とインポート元からメールをfetchしてきます。

fetchには時間がかかった

最初に書いたように、この後、終了まで7時間もかかってしまいました。そのうえにインポートしたメールは全部未読です。

適当に元のメールフォルダを整理したつもりだったのですが、全部で8,000を超えてしまいました。これはiPhoneに通知された途中経過です。

1215-8

その間、スマホやMacにガンガン通知が来るので、あらかじめ通知が表示されないようにしておくほうがいいと思います。

わたしの場合は最初は通知する設定だったので、iPhoneのスクリーに通知が出まくって、わずらわしいことこの上ない状態になってしまいました。

バンコクでDTACのSIMを入れた

バンコクに来て固定回線を引くまで、とりあえずプリペイドSIMカードだけが通信手段でした。

妻はtrue、わたしはAISとDTACを使って試していたのですが、何のパッケージの設定もしていないと残高がガンガン減っていきます。これじゃまずいので何かの定額プランを選ばないといけません。で選んだのはDTACの4Gの1ヶ月unlimitedの定額プランです。facebookへの接続は90日間チャージなしになっています。

AISと比べるとDTACのアプリは使いやすいし、セット料金(って言うのかな?)も単純なのでこちらをメインに使うことにしました。

フォーチューンタウンで買うと50バーツのSIMが90バーツなので、ちょっとケチって(というま行くのが面倒だったので)セントラルワールドのDTACの直営店でSIMを買うことにしました。

番号札を取ってまたされること10分以上。カウンターにすわってSIMがほしいというと、思っていた定額プランを提示されました。399バーツ、SIMカード50バーツだそうです。

1211b

オッケーすると、パスポートの提示を求められました。あれっ、パスポートいるの?

そのときはパスポートを携帯していなかったので出直そうかと言うと、もってなくてもいいです、ということでさっさとアクティベート作業が進んでしまいました。マイペンライです。

このプラン1ヶ月間のデータ通信量は3Gバイトまでで、それを超えると128kbになってしまいます(日本のこの手のものは256kbくらいあると思うのですが)。

実はこのプラン、3Gを超えてしまったら150バーツをトップップすると30日間1GB分が増量されるようです(タイ語のメッセージなので自信はありませんが、おそらく)。

メールやブラウザを見るだけなら128kbでも何とかなるので、なくなってから考えたほうがいいですね。

タイの true moveにオンラインでトップアップ

9月下旬にバンコクで買ったtrueの4G用のプリペイドSIMをこのまま維持必要が出てしまいました。

1007-0

それには何が必要なのか。trueのページを見てもよく分かりませんが、とりあえずトップアップ(チャージ)しておけば、SIMが無効になってしまうことはなさそうなので、クレジットカードからトップアップすることにしました。使えるカードはVISAとMasterCardです。

このあっさりとしたページからTerms and Conditions of "Topup by Credit Card"の確認事項に「Accept」をチェックすると、

1007

電話番号、トップアップする金額(300/500/1000バーツ)を選んでから表示されている数字と文字を入力すると

1007b

決済ページに移ります。バンコク銀行がやってるんでしょうか。

カード番号など必要な情報を入れてから、Issuer Bank Country をJapanにすると、直後のIssuer Bank Nameには自動的に発行元のクレジットカード会社名が表示されます。MITSUIとかSAISONとか。

カード番号によって、選択肢が2つくらいのときと、ずら〜っと表示される場合があるようです。

1007c

あとはSubmitを押せば確認が表示されて終わりなんですが、最初に入力した電話番号は表示されないので、ほんとにトップアップされたのか不安です。

結果は、タイ国内なら確認の番号を入力できますが、日本からは通じません。11月にバンコクに行ってから調べることにします。大丈夫か?

SpiderOakに非同期でデータを保存するには

SpiderOakは暗号化してくれてZero-knowlegeポリシーがあります。ようするにユーザ以外は中身を読めないよってことですね。これがセールスポイントみたいです。

それはともかく、今年から無制限のアカウントを契約したので、いろんなデータをバックアップすることにしました。

とくに身の回りのLinuxマシンやら、ちょっと古いMacやらを処分したので、必要なデータのバックアップはとりましたが、念のため、整理してないままのHDDの主なデータも SpiderOakにアップすることにしました。

SpiderOakは同期するストレージなので、Webからのアップロードはできません。Zoro-kowledgeポリシーが守られなくなってしまうそうです。

ということは手元にも同じ容量のデータが残ってしまうことになります。いまバックアップしたいのは、たいして必要じゃないけど念のために残すデータですから、手元のHDDには残したくない。容量を圧迫するだけですから。

外付のHDDを同期することもできますが、外付に入れとくほどの重要性もありません。

ほかの非同期のストレージでもいいのですが、せっかく容量無制限の契約をしたのだから、SpiderOakを利用したいんです。

で気がついたのは、同期しているファイルをローカルで削除してもSpiderOakにアップしたファイルは保存されるということでした。

0915

いちおう「Deleted Items」という項目に移動しますが、削除されるまるごと残っているし、取り出すこともできます。

というわけで、ローカルのファイルは削除することにして「Deleted Items」として保存することにしました。

「Deleted」って言葉があんまりいい印象ではありませんが、SpiderOakから明示的に削除しないかぎり保存されるので、よしとしました。

とりあえず、非同期ストレージと同じように使えるので、この方法を活用してみることにします。

バンコクのセブン-イレブンでtrueのツーリスト用SIMを買う

trueloveの3G TOURIST INTER SIMです。具体的にどんな機能なのかはいろいろ充実した情報サイトがあるので検索していただくことにして、この記事は「セブン-イレブンで買いました」というだけの内容です。

0626A

これまでは、ツーリスト用のSIMはスワンナプーム空港のカウンターで買うのが手っ取り早いと思っていたのですが、最近はスワンナプームのカウンターはtrueにかぎらずとっても混んでいます。年末に行ったときには深夜にもかかわらずあまりの行列に買うのをあきらめてしまいました。

市内のMBKでも売っていますが、ここはボッタクリ感が強くて、眺めてまわるにはいいのですが買う気になりません。フォーチューンタウンは少しましかな。パンティップ・プラザも同じようなものかもしれません。

そんな中で、今回BTSチョンノンシー駅のそばのセブン-イレブンでこのSIMパックを見つけました。値段もパッケージ通り299バーツです。MBKのようなボッタクリはありません。さすがセブン-イレブン(?)。

空港ではSIMカードを入れて開通も行ってくれるのですが、コンビニでは自分で入れなければなりません。といっても、切り取って差し込むだけですから問題はないでしょう。わたしのiPhone5はゼムクリップの先で開けて交換しました。

今回はブラつく時間がほとんどなかったのでチョンノンシーの2つのセブン-イレブンを見ただけですが、どちらもレジの奥のほうに置いてありました。なぜかブランドはtrueだけでした。

各SIMサイズを取り揃えているかどうかは分かりません。わたしが1パック(nano SIM用)買ったら在庫がなくなってしまったので、大量においているわけではなさそうです。

シドニーで買ったSIMカード

シドニーでの乗り継ぎに12時間あったので市内観光するために入国。空港でSIMカードを買おうと立ち寄ったブースでは「1日だけなのにもったいないよ。市内ではフリーwifiが使えるカフェが多いから利用すれば」と親切にアドバイスされて市内に来てみたものの、常時接続があたりまえの生活に慣れてしまうと不便でしかたありません。

結局、市内のNews Agencyというコンビニのようなキオスクのような店でVodafoneのSIMカードを買いました。20オーストラリアドルで500mB分のデータ使えるようです。応対してくれたのは中国系と思われる中年の女性です。

空港でもそうでしたが、まず確認されるのはSIMフリーかどうかです。SIMフリーだと応えるとピンを差し出されたので自分で元のSIMを取り出すと、あとは店の人が入れてくれました。といっても、APNなどの設定はなく、ただ入れるだけで接続できましたが。

0427

その他にも使用データ容量や電話として使う場合の料金など説明してくれましたが、私がよく理解できず「大丈夫かな〜」とつぶやいたところ「ダイジョウブ、ダイジョウブ」と言われてしまいました。「ノープロブレム」「無問題」「マイペンライ」などを使い分けているんでしょうね。

初めての国だし、ガイドブックも買ってないので、その代わりにSIMカードを買ったようなものかもしれません。ちなみに空港では簡単な登録をすればその場でフリーwifiが使えます。

中華電信のプリペイドSIMカードを使って3日目

台北の桃園空港で買った中華電信のプリペイドSIMカードを使って3日目です。

速度を表す表示は「H+」と「3G」が頻繁に入れ替わり、常にどちらかという感じではありません。利用しているのは台北市内の中心地です。

0222bc

この機種に1つのスマホと1つのMacbook Airをテザリングで接続して使っていますが、問題なく使えています。
台北市はWiFiが便利に使える都市のひとつですが、SIMカードを使えるならやっぱりこのほうが便利ですね。

ちなみに、SIMを入れている機種はIQ5.6というタイ製のスマホでSIMは2枚入ります。とりあえずタイのSIMカード「TRUE-H」を無効にして中華電信を示す「Chungwa」を有効のみを有効にしています。

0222a

台北の桃園空港でSIMカードを買った

桃園空港にある中華電信のブースでプリペイドSIMカードを買いました。到着エリアの申告カウンターを出てたフロア(迎えの人が待ってるところ)にありました。

3日間で300台湾ドル、5日間でも300台湾ドル。違いは通話時間の違いです。他にもプランが表示されていましたが、基本的にはデータ通信は無制限、通話料は一定時間で、足りなくなったらチャージするという方式のようです。

0220a

「SIMフリー?」と何度か確認され、その後パスポートを提示して、代金を払えば終了です。SIMサイズはいろいろ揃っているようです。私の場合は、ナノSIMとスモールSIM(日本でいうところのノーマルSIM)を買いました。

0220b

登録がすむと、自分で指してチェックしてねって感じでカードを渡されました。ちなみにiPhone5のピンを持ってなくても取り出してくれます。

その場で、受け取ったSIMを自分で差し込んで、接続されたことを確認してブースを出ました。あっという間です。

SIMカードの説明書には日本語の説明もあるので便利です。

0220c