kotlin : もういちどAndroid Studioプロジェクト

前回よりちょこっとだけマシなプロジェクトを作ってみました。といってもディレクトリをjavaからkotlinにリネームする部分を追加しただけですが。

ふつうにプロジェクトを作ってから、javaのコードをkotlinに変換します。メニューのCode => いちばん下のConvert Java File to Kotlin Fille。

0412a

javaディレクトリ名をkotlinに変更します。ここだけが前回と異なるところです。

Projectに変更してからjavaディレクトリを選んでリネームします。

0412b

Refactor => Renameと進んでkotlinと入力しました。

0412c

そのままRefactorボタンを押せば、javaからkotlinディレクトリに変更されました。

0402de

赤い文字の部分はビルドの設定を自分でやってね、ということですから、前回と同じく、メニューのTool => Configure Kotlin in Projectとして終了です。

0412f

Kotlin:Android Studioにインストール

Android Stuidoもたいして使ったことがないのにKotlinをインストールしてみました。

Kotlinは、Android Studioのプラグインとしてインストールされます。Android Studio上でKotolinのファイル(*.kt)を作成すると自動的にプラグインを読み込んでくれるという説明も見つけたのですが、わたしの場合はうまくいかないようなので、メニューから読み込むことにしました。

Kotlinプラグインのインストール

Android StudioのPreferenceからPlug-inを選択して検索からKotlinを検索します。

0406a

表示されたKotlinを選択して「Install plugin」として、最後にAndroid Studioを再起動すれば終了です。

0406b

プロジェクトを作成してKotlin用に変換

最初にjavaのAndroid Studioのプロジェクトを作成します。

File => New Project …

作成されたMainActivity.javaをKotlinに変換します。

メニューCodeからConvert Java File to Kotlin Fileを選べば、MainActivity.javaからMainActivity.ktに変換されます。

最後にプロジェクトファイルをKotlin用に直す必要があるようです。これにはShiftを2回押して表示されたマドで「Configure ko…」とするかメニューTools => Kotlin => Configure Kotlin in Projectを選んで実行し、Syncすればできあがり(のようです)。

0406c

実行すれば「Hello World」が表示されました。とりあえず最低限の設定ですね。

参考:http://kotlinlang.org/docs/tutorials/kotlin-android.html