WordPressサーバの引っ越し。ロリポップからエックスサーバーに移転してみた

ロリポップにあるWordPressをエックスサーバーに移行しました。

ドメイン名も変更しました。

  • 旧ドメイン:XXX.com
  • 新ドメイン:YYY.xsrv.jp/ZZZ

下位ディレクトリにするなんてちょっと特殊かもしれませんが、ともかく変更することになりました。

準備

WordPressは、原稿や画像などの「ファイル」と、連携しているデータベースの中身(のデータ)から成り立っているので両方とも移動させる必要があります。

しかし、ファイルの移動とデータベースの中身の移動は同時にはできないので別々に行いました。

WordPressのファイルの移動

旧サーバのファイル → FTPソフトを使ってダウンロード→
wp-config.phpを修正してから(後述)新サーバにアップロード

FTPソフトは、FireFoxのプラグインであるFireFTPを使いました。

WordPressが使っているデータベースの中身の移動

旧サーバのデータベース → 旧サーバにあるphpMyAdminを使ってエクスポート → 新サーバにあるphpMyAdminを使ってインポート

phpMyAdminは旧サーバのロリポップにも新サーバのエックスサーバーにも用意されています。

まずは旧サーバで作業

データをバックアップ

下位のデータも全部コピーする

旧サーバのWordPressが入っているフォルダの中身をFTPソフトを使って全部ローカルにコピーします。けっこう時間がかかりました。

データベースをエクスポート

旧サーバ(ロリポップ)が提供しているphpMyAdminを利用して行います。

phpMyAdminを開く

ロリポップにログインして、移動するWordPressが使っているデータベースを選択してからphpMyAdminを開きます。

データベースを選択

データベースを開く

控えていたデータを入力

左側からデータベース名を選択すると、右側にテーブル名が表示されます。

データベースを選んでエクスポート

上のメニューから「エクスポート」を選びます。

エクスポートを選ぶ

エクスポートの方法は「詳細」で行いました。

詳細を選択する

全選択になってるのを確認してから、生成オプションでは「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONコマンドを追加する」をチェックをします。

チェックを追加する

あとはデフォルトのままで「実行」します。

実行ボタン

エクスポートが完了すると「AAAA.sql」(AAAAはファイル名)のファイルがダウンロードされます。

新サーバで作業

データベースを作成する

ロリポップからダウンロードしたデータベースのデータを新サーバにインポートするために、新サーバにデータベースを作っておきます。

エックスサーバーは、サーバーパネルでログインして、データベース項目のMySQL設定から「MySQL追加」を選んで作成しました。

データベースの作成

MySQLユーザも作りました。

MySQLユーザを作成

これから必要な情報は、データベース、MySQLユーザID、パスワード、それにMySQLの一覧の下に表示されるMySQL5.7 ホスト名なのでメモしておきます。

データを入れるフォルダを作る

FTPソフトで移動するWordPressのデータを入れるフォルダを作りました。今回は「YYY.xsrv.jp/ZZZ」なので

YYY.xsrv.jp/public_htmlの下に「ZZZ」を作りました。

YYY.xsrv.jp/public_html/ZZZ

こうすると

http://YYY.xsrv.jp/ZZZ

でページが表示されます。

アップロードインポートの前にwp-config.phpを修正します

wp-config.phpの書き換える部分

.htaccessも書き換えます

新サーバのディレクトリはルートディレクトリではなく、サブディレクトリ(YYY.xsrv.jp/ZZZ)にインストールされているので、.htaccessを書き換えてZZZを指すようにしました。

.htaccessを書き換える

新サーバにアップロード(ファイル)

FireFTPを使って「YYY.xserv.jp/ZZZ」にアップしました。

新サーバにインポート(データベース)

サーバーパネルからデータベースの「phpmyadmin(MySQL5.7)をクリックして、ユーザ名とパスワードを入れてログインします。

左側から作成したデータベースを選びます。

データベース名を選ぶ

右上のタブから「インポート」を選択。 

インポートを選択

「ファイルの選択」から先ほどダウンロードしたファイル.sqlを選んで「実行」します。

ファイルを選んで実行

データベースの中のURLを書き換える

インポートしたデータベースの中には前のドメインが残っているので表示されないか前のサイトに飛んでしまいます。

searchreplacedb2.phpのダウンロード

searchreplacedb2.phpを使ってこれを自動的に書き換えることにしました。

このサイトが提供しているphpファイルを使うのですが、最新のバージョンは面倒そうなので、古いバージョンを使うことにしました。

上のサイトの下のほうから古いバージョン(v 2.1.0)をダウンロードします。

古いバージョンをダウンロード

ダウンロードしたsearchreplacedb2.phpを新サーバのWordPressのフォルダにアップロードします。同じ名前だと誰でもアクセスできてしまうので、xxx-searchreplacedb2.phpとリネームしました(ほとんど意味をなしませんが)。

searchreplacedb2.phpを実行

ブラウザから「xxx-searchreplacedb2.php」を実行します。

xxx-searchreplacedb2.phpを実行

Submiteで次に進む

そのまま「Submit」で次に進むとデータベースの情報が出るので確認して「Submit DB details」に進みます。

次に進む

書き換えられるテーブルが表示されているので、全部選択されているのを確認して「Continue」します。

書き換えられるテーブルを確認

旧ドメイン(XXX.com)と新ドメイン(YYY.xsrv.jp/ZZZ)を入力しました。

新旧ドメインを入力

これで「Submit Search string」をクリックすればデータベースの中身が新ドメインに書き換えられます。

これでWordPressの移管が終わりました。

けっこう手順が多かった。