Simplenote:同期が変になったノートを(不完全ながら)修正した

Simplenoteのファイルが変になってしまいました。Mac上からnvALTを立ち上げたら、ファイルの内容が何日か前の古い内容に戻ってしまってました。

Simplenoteのほうでも同様に古い内容になりました。自動的に同期されるのだから当然です。

思い当たるフシといえば、直前にiPhoneのSimplenoteアプリをアップデートしたことですが、それが原因かどうか分かりません。

Simplenoteと同期しているのは、MacのnvALT、iPhoneのSimplenote、AndroidのSimplenoteとGlance Noteです。

0209a

Glance Noteはメニューから選択しない限り自動的には同期しないので、こちらを見ると2日前のデータです。とりあえずこれを活かすつもりで同期させたら、同じ名前のファイルが2つできてしまいました。まぁ、古いほうに統一されるよりは良かったかもしれませんが。

Simplenoteは、ブラウザからSimplenoteのアカウントにログインしてVersion Historyをスライドさせることで以前のデータに戻ってゆくことができます。

0209b

私の場合は古くなってしまったので役に立たないと思っていました。ですが、試してみると、時間を戻すと新しいデータが現れて、また古いデータに戻っていきました。

どうやら、時間の順に「古いデータ → 更新したデータ → 古いデータを上書き」という履歴になっています。

スライドを左右に動かして、いちばん新しそうなデータとしてRestoreしました。

0209c

これがあってGlance Noteのデフォルトでは同期しないことの利点を知ることになりました。これまではいちいち手動で同期なんて面倒だと思ってたんですが、いろんなタイプがあったほうが安全かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA