パスポートの写真

IMG_5619

ここ連日取り上げているニュースによると、知人のパスポートを使って出国した女性がいるそうです。同じような年齢かつ似たような顔だったのでしょうか。

IMG_5616

そこで思ったのですが、イミグレーションの係官はパスポートの写真をどの程度確認しているのでしょう。どこの国もたいていちらっと顔を確認するだけで、マジマジと比べているとは思えません。

私の場合でいうと、ここ数年メガネをかけたまま暮らしていますが、パスポートの写真はメガネをかけていません。
最初のうちは係官の前ではメガネを外してましたが、だんだん面倒になって今ではメガネをかけたまま係官の前に立っています。

10カ国くらい試してみましたが、外せと言われたのはソウルのみ。ソウルでは一人ずつ顔写真を撮影していたので、もしかするとパスポートの写真にメガネをかけていても、外すことになったのかもしれません。

イミグレーションの係官はメガネの有無なんかじゃなくて、もっと別の部分、つまり顔の輪郭や目つきなどを参考にしているのでしょうか。

韓国などでは、整形のために入国して、出国のときに問題になるケースもあるようです。整形手術をして出国するばあいには医者に整形の証明書を発行してもらったりするようです。とうことは、やはりどこかを参照してるはずですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA