HomebrewのEmacsを24にしてAUCTeXをインストール

何となくほっておいたEmacs23をEmacs24にアップグレードしました。

Emacsの時代は終わり、これからはSublime Text2を使うんだ、と思ってしましたが、
いろいろ不満があったり、使いこなす前に急ぎの作業が入ったりして、
Emacsも使い続けることにしました。どうせなら最新のバージョンにしたい。

というわけで、HomebrewでEmacs24にした手順です。

とりあえずアップデートしておきます。

$ brew update

Ghostscript関連のファイル(ほとんどフォント)が「Broken Symlinks …」と表示されるので

$ sudo brew prune

で削除しました(このGSは使ってない)。

さて、アップグレード

$ brew upgrade

autoconfが必要だということなので、

$ brew install autoconf

再び

$ brew upgrade

こんどは、automakeが必要とのメッセージが。

$ brew instasll automake

再々アップグレード

$ brew upgrade

Emacs24にアップグレードされました。

ApplicationのリンクはEmacs23のままなので、いったん削除して(削除は不要かな?)

$ brew linkapps

とするとApplicationフォルダに、Emacs24へリンクされたEmacs.appが生成されました。

ずっと以前はEmacsばかりだったのですが、どうもそれぞれ利点と不満があって、今では
Emacs, Sublime Text2, Mou, miあたりをいったりきたりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA