Debianでfocus-follows-mouse

いくつかの呼び名があるようですが、ようするにマウスポインタがあるウィンドウをアクティブにする機能です。

以前の記事では、Macでこの機能がないか探した記事を書きましたが、結局そのまま。そこで紹介したZoom/2はBetterTouchToolに取って代わりました。

その機能をDebianにまた設定しようとしたら、見つからなくてようやく見つけた話です。

メニューを見ても分からず。なんか設定エディタのようなものがあったと思いつつも見つからず。

結局ここに解説を見つけました。もうそのまんまです。

ようするに

dconf-editorが必要だった

これはdconf-toolsパッケージに入っているので、なければインストールします。

あとはコマンドラインから

$ dconf-editor

で開いたら
org => gnome => desktop => wm => preference
と進んで「focus-mode」を「click」から「sloppy」に選択します。

0616-2

自動的にウインドウを全面に出すなら「auto-raise」にチェックしますが、わたしはチェックなしです。

この機能、たしか大昔のfvwmとか、もっと昔のウィンドウマネージャのデフォルトはこの設定だったと思うのですが、人気がないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA