Metanta(エディタ)がEvernoteと連携する利点ガ分かった

最初はEvernoteとの同期は不要だと持ったんだけど

Metanotaというでディタがあります。SimpleのEvernoteに連携可能で、ローカルにも保存することがででディタです。

0629cc

使い勝手としては、SimplenoteやATLnvと同じように左にタグやタイトルペインがあって、右側に本文の編集領域があります。

基本的な使い方は、以前にもちょこっと説明したり、特別な設定もありません(あまりいろんな機能を使い混んだわけではないのですが、一般的には無理のない操作性です)。

この同期機能、Simplenoteは自然な感じで良いのですが、Evernoteとの同期は基本的にはテキストしか同期されません。画像を張り込んだりWebサイトをクリップしても、Metanotaからは見ることができないのです。同期してみた直後は「これじゃ使えないや」ということでEvernoteの同期を外していました。

じゃまだと思ったEvernoteとの同期の活用法が分かった

わたしのメモは、Evernote、Simlenote、スニペット用にDashを使っています。こうなってくると、どこに何をメモしたのかなんだか分からなくなってしまいます。

とくにEvernoteは起動するのに時間がかかるので、その都度起動するきにはなれませんし、巨体なので、常時起動しておくきにもなれません。

そこで、今ごろ思いついたのは普段はMetanotaで検索して、項目がEvernoteのものだったらEvernoteと検索する方法です。MetnoteからはEvernoteの画像やPDFの検索はできませんが、見出しや、タグくらいは検索でるのえ、Evernoteの項目を作るときに、少してテキストの説明も入れておけば検索の助けになります。

0629a

0629bb

MetanotaからEvernote用の項目を作ることはないと思いますが、集中検索用としては便利に使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA