updmapを初期化?する

updmapを使っていろいろフォントを設定したけど、なんだか分からなくなった、というか、相手の設定をそれぞれ取り込んだり、調整してきたですが、ちょっとゴチャゴチャしてしまいました。

登録したmapファイルはいったん削除することにしました。
フォントファミリごとにまとめていたのですが、分かりにくいから仕事先ごとにmapファイルを作ろうかと思っています。

とりあえず、今日は、インストール直後の状態にすることにしました。

これには、updmap.cfgを元の状態に戻してupdmap-sysを実行するだけ。

いま使っているのはMac上に奥村先生の本からインストールしたものなので、

/Users/Shared/TeXLive/texmf-config/web2c/updmap.cfg

の中身を

kanjiEmbed hiragino-pron
kanjiVariant

とすれば、インストール直後の状態になるはずです。

というわけで、updmap.cfgをエディタで直接書き換えて

sudo updmap-sys

を実行したところ、余分な情報のないmapファイルが作成されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA