RetinaじゃないMacbook AirでiPhone6のシミュレーション画面を縮小する

Macbook AirはRetinaじゃないので、iOS SimulatorでiPhone6 Plusを表示しようとすると、画面からゴッソリはみ出してしまいます。

Simulatorのメニューに表示される縮小率も最小で50%。これでも収まりません。

こんなときは、ターミナルから

defaults write com.apple.iphonesimulator SimulatorWindowLastScale 0.3

のように指定してやればいいようです。

この設定のままiPhone5などを表示すると今度はちいさ〜くなってしまうので、また元に戻すのですが、メニューよりキーボードを使ったほうが便利です。

% + 1 — 100%

% + 2 — 75%

% + 3 — 50%

このコマンドの延長でもっと縮小できればいいですけどね。残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA