VirtualBoxにGuest Additionsディスクを追加する

VirtualBoxのバージョンアップをしたら、Guest Additionsもアップデートするようなメッセージが表示されました。

このVirtualBoxには2つのDebianが入っているのですが、表示されるのはどうも1つのほうだけです。

GuestAdditions.isoがなかった

とりあえずVirtualBoxのメニューDeviceからInsert Guest Additions CD image …を選ぶと、なんだかCDがマウントされていないと怒られてしまいます。設定のストレージから何とかしろという感じ。

実際にマウントを見ても/mediaの中にはcdromがありますが、中身は空です。

そこでVM VirtualBoxマネージャーの設定を開いてストレージを見ると、コントローラ:IDEには何もありません。

1016a

もう一つのゲストOSの設定にはVBoxGuestAdditions.iosが設定されています。

どうも、以前にこの項目を削除してしまったんですね。なんとなく記憶があります。

GuestAdditions.isoを設定する

もともとこのファイルは最初から用意されていたファイルですから、設定を変えればもう一度現れるでしょう。

そこで、コントローラ: IDEの 1016b をクリックして表示されるダイアログボックスから「空のままにする」を選んでOKで保存します(デフォルトの「ディスクを作成」ではありません)。

1016d

1016e

このままゲストOSを起動して、再びVirtualBoxのメニューDeviceからInsert Guest Additions CD image …を選びます。

$ ls /media/cdrom

とするとGeuest Additions一式が表示されました。

ゲストOSはDebianなので、rootになって

# sh VBoxLinuxAdditions.run

を実行すれば無事インストールが終わります。

1015k

設定のストレージにもVBoxGuestAdditions.iosも表示されていました。

1016f

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA