バンコクでDTACのSIMを入れた

バンコクに来て固定回線を引くまで、とりあえずプリペイドSIMカードだけが通信手段でした。

妻はtrue、わたしはAISとDTACを使って試していたのですが、何のパッケージの設定もしていないと残高がガンガン減っていきます。これじゃまずいので何かの定額プランを選ばないといけません。で選んだのはDTACの4Gの1ヶ月unlimitedの定額プランです。facebookへの接続は90日間チャージなしになっています。

AISと比べるとDTACのアプリは使いやすいし、セット料金(って言うのかな?)も単純なのでこちらをメインに使うことにしました。

フォーチューンタウンで買うと50バーツのSIMが90バーツなので、ちょっとケチって(というま行くのが面倒だったので)セントラルワールドのDTACの直営店でSIMを買うことにしました。

番号札を取ってまたされること10分以上。カウンターにすわってSIMがほしいというと、思っていた定額プランを提示されました。399バーツ、SIMカード50バーツだそうです。

1211b

オッケーすると、パスポートの提示を求められました。あれっ、パスポートいるの?

そのときはパスポートを携帯していなかったので出直そうかと言うと、もってなくてもいいです、ということでさっさとアクティベート作業が進んでしまいました。マイペンライです。

このプラン1ヶ月間のデータ通信量は3Gバイトまでで、それを超えると128kbになってしまいます(日本のこの手のものは256kbくらいあると思うのですが)。

実はこのプラン、3Gを超えてしまったら150バーツをトップップすると30日間1GB分が増量されるようです(タイ語のメッセージなので自信はありませんが、おそらく)。

メールやブラウザを見るだけなら128kbでも何とかなるので、なくなってから考えたほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA