homebrewのcoreutilsの入れなおし

いまごろMarvericksにしたMacを使ってみたらターミナルの表示がおかしい。lsでカラーになるように設定したはずなのですが、カラーどころかaliasにしているalias ls='ls -F'も効いてないようす。

調べてみたら.bashrcの中で呼び出している/usr/local/bin/gdircolorsがありません(これがあればaliasも設定するようになっています)。

/usr/local/optを見ると、homebewを使ってインストールされているはずなのにシンボリックリンクが無くなっているformulaもいくつかあります。brew doctorとしても問題はないのですが。

ひとつひとつシンボリックリンクを貼り直し始めて気づいたのですが、/usr/local/binの中にはcoreutilsがインストールしたglsなどのgで始まるコマンドのシンボリックリンクがゴッソリと消えてしまっていました。

ほんとだったら、こんな感じのリンクが消えてなくなりました。

1001

これを手動で直すのも面倒くさいし、適当にスクリプト書けばいいんだろうけど、ほんとうにそれだけで動くのかも分からないので、結局いったんuninstallして入れなおすことにしました。

$ brew uninstall coreutils
$ brew install coreutils

でオッケーです。その他のいくつかのformulaも同様にして無事復元しました。

lsでファイルタイプごとに色付け出来る機能と、「ls /usr/bin -l」のように後からオプションを指定できる機能は、デフォルトのlsにはなく(BSDタイプだからかな)gls系統にしかないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA