The private key for “ほげほげ” is not installed on this Mac.で疲れた

iOSアプリを久しぶりにアップデートしようとしたら、いくつものエラーが出まくって、こっちを潰せば、あっちからエラーという感じで一日中悩まされてしまいました。

結局、なんとかなってアップロードすることができたのですが、面倒だったのは今回のタイトル

The private key for “なんちゃら” is not installed on this Mac.

の解決でした。まずはこちらの説明のように秘密鍵をチェックしましたが、わたしの場合は鍵が入っています。

このサイトからもリンクがありますが、stackoverflowの記事にあるようにもっと面倒な手順になってしまいました。

画面は上の記事の画面と同じです。

ということで記事に従って進めました。(あたふたしてたから曖昧になっているかもしれません)

  1. iOS Dev Centerに入って、CertificatesのProduction用の(TypeはiOS Distribution)項目をRevokeボタンを押して削除。
    (「このままじゃまずいよ」って感じのメールが送られてきます)

  2. XcodeのPreference=>AccountsからView Detailsから何かするらしいんだけど、すでに

    • iOS Development
    • iOS Distributin
      の項目はあるのでそのまま何もせず。
  3. もういちどiOS Dev Centerに戻ってみると、Distribution用のCertificatesができているので、これを利用することに。

  4. Provisioning ProfilesのDistributionの項目が全部黄色になってしまったので、各ProvisioningファイルをEditして、新しく作成されたDistribution用Certificateに変更。(わたしは数が少ないいけど、多い人は大変です)。

  5. またまたXcodeに戻って、プロジェクトのCode Signingの部分を変更。

  6. PROJECGとTARGETの2か所のそれぞれReleaseを新しく作成したiPhone Distribution: XXX (XXXX)に変更

  7. その下のProvisioning Profileを適切なProvision名に変更する(わたしの場合は、数字と記号の羅列になっていました)。

これが終わったら、ふつうにArchiveしてValidate、無事にアップロードが完了しました。

これ以外にも、いろいろエラーが出ていたのですが、おそらくこれが解決の中心だったと思います。(自信ないけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA