Metanotaのローカルデータフォルダの場所は分かったけど

フォルダの位置

Metanotaの話の続きです。

0930-a

前回、Simplenoteと同期しているファイルの動作が遅くなったので、ファイルをローカルに保存したら動作が速くなったという記事を書いたのですが、そのときはローカルデータがどこにあるのか分かりませんでした。

ローカルデータをDropboxなどで共有すれば動作の遅さに悩まされることなく、共有もできてしまうはずです。

調べてみると、ここに説明がありました。

これによると、無料版と有料版でフォルダが異なることになっています。

  • for Metanota Free : ~/Library/Containers/bogdanf.osx.Metanota
  • for Metanota Pro : ~/Library/Containers/bogdanf.osx.Metanota.pro

わたしは、有料だからPro版なんですが、

~/Library/Containers/bogdanf.osx.Metanota

しかなかったので、きっとこれでいいのでしょう。

Dropboxにシンボリックリンクを張ってみた

で、 bogdanf.osx.MetanotaをDropboxに移動して、ローカルからはシンボリックリンクを張ってみたら、うまく同期されるようです。

ですが、Metanotaが起動中は絶えず保存を繰り返しているらしく、別のマシンの方にDropboxの通知がひっきりなしに表示されます。これがなんともうっとうしい。8秒に1回くらいの頻度で表示されます。

0930

それに、Dropboxの中の共有フォルダも競合が生じて「なんとかの競合コピー」ができてしまうし、面倒くさいことになりそうなので、Dropboxで共有することは中止しました。

動作が遅いままSimplenoteと同期しながら使うか、1台だけ起動するように注意しながらDropboxで共有するか、悩み中です。

そういえば、以前使っていたnvALTだったらSimplenoteとDropboxの両方に保存できたなと思いだしたので、またまた気になりだしたところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA