AdHoc用のiOSアプリ:プロビジョニングプロファイルからipaまで

iOSアプリ開発中にベータテスト版をTestFlightやdeploygateなどで配布するときに必要になるAdHoc版を作成しました。

プロビジョニングプロファイルの作成

iOS Dev CenterにログインしてiOS Developer ProgramからCertificate, Identifiers & Profiles => Provisioning Profiles
と進んで、Provisioning ProfilesのDistributionから「+」をクリックして追加の画面を開き、「Ad Hoc」を選択します。

0411-a-b

次に「App ID」の設定ですが、「*」の付いたワイルドカードのApp IDを選択しました。

0421cc3

プロビジョニングプロファイルに含めるCertificatesを選びます。iOS Distribution用に設定したものが表示されているので、選択します。

0421dd3

プロビジョニングプロファイルに含めるデバイスを選びます。

0421ee3

最後に名前を設定すれば、あとはダウンロードするだけです。

0411-f-g

XcodeからAdHoc用ipaの作成

ダウンロードした「XXX.mobileprovision」ファイルをダブルクリックで登録して、Xcodeでプロジェクトを開き、プロジェクト名のところから表示される「Build Settings」を開きます。

0421hh3

「Code Signing」の「Provisioning Profile」から先ほど作成したプロビジョニングプロファイルを選択します。

出力デバイスを「iOS Device」にして、メニューのProductからArchiveを選択します。

Organizerが開いたら、Distribute => 「Save for Enterprise or Ad Hoc Deployment」を選択します。

0421-i-j

作成したProvisioning Profileを選んでExport、ipaファイルの保存先を選んで「Save for Enterprise Distribution」はチェックしないで「Save」します。これでipaファイルが生成されました。

0421kk3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA