タイのカートリッジ改造プリンタを買う

日本から持ってきたプリンタHPのOfficejet 150がとつぜん壊れてしまいました。カートリッジを交換しなきゃと思っているあいだに、とつぜんヘッドが左右に振れて戻らなくなりました。

以前はA3のPSプリンタや複合機のプリンタなど複数台使っていたのですが、しだいに使わなくなり今やプリンタはこれだけ。さすがに1台もないと請求書も送れなくなってしまいます。新しいプリンタを買うことにしました。

わたしにとっては近くて馴染みのフォーチューンモールで買ってきたのがCANONのPIXMA iP2770です。もう3年くらい前からある機種のようですが、いちおう製造は2014年になっていました。1,800バーツ。

0225-1

本体の右側には4色のインクが飛び出ています。これはカートリッジを交換しなくても使えるように改造されたもの。4本のインクボトルからカートリッジまでチューブでインクを供給しています(よく分かりませんが)。タイでは以前からこの改造が当たり前のようです。

0225-2

ほとんどの店がこの改造をほどこしているようでした。あまりに当たり前に売っているので一瞬、正規の形なんじゃないかと思ったほどです。

そんなはずがないのは箱を見れば一目瞭然。インクの部分が箱に収まらないためくり抜いてあります。このむき出しのインクが出たままの状態で地下鉄に乗るのは少し気が引けました。

0225-3a

店でテストプリントをしてもらったので出力は大丈夫だったはずなのですが、家でプリントしてみるとページの先頭に黒のインクがべたりと付いてしまいました。

家に持ち帰るときに揺れてインクのボトルからはみ出したのかもしれません。ヘッドクリーニングしてから何枚か出力したら正常になりました。

ボトルのインクがなくなったら替えのインクを補充すればよいようですが、このインクの量だとずいぶん先のことになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA