TeXの記憶(93) — 立体のμ

立体のμが必要になりました。単位を表すマイクロに使います。

以前使った記憶があるのですが思い出せません。昔のソースを検索してもどこにあるのか見つからないので調べてみたところ、とりあえず簡単そうな3つの方法が見つかりました。

textcompパッケージを使う。ビットマップフォントです。斜体のμと比べるとセリフ(先端の飾り)が入っています。他の2つと異なり数式以外の扱いになるようです。

Eulerフォントを使う。上品な感じです。

fourierncパッケージを使う。元の斜体のμに似ている感じです。

今回はギリシャ文字全部を出すわけでないく単位1文字だけですから、どれもダメだったら画像ファイルとして取り込んでしまおうと思います。

画像は、左からデフォルトの$\mu$、textcomp利用、Eulerフォント利用、fouriernc利用です。

1106

% textcompパッケージ
\usepackage{textcomp}

% fourierncパッケージ
\usepackage{fouriernc}

% Eulerフォントを使う
\DeclareFontFamily{U}{euc}{}
\DeclareFontShape{U}{euc}{m}{n}{<-6>eurm5<6-8>eurm7<8->eurm10}{}
\DeclareSymbolFont{AMSc}{U}{euc}{m}{n}
\DeclareMathSymbol{\umu}{\mathord}{AMSc}{"16}

\begin{document}

$\mu$\qquad 
\textmu\qquad
$\umu$\qquad
$\othermu$

\end{document}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA