Web開発で使われるプログラミング言語の種類を説明します

Webプログラミングを学習したんだけど、プログラム言語の種類が多すぎてどれを選べばよいのか分からない。

この記事では、これから始める人が習いやすい言語と、言語の使いみちについて解説しています。

Web開発によく使われる言語

Photo by Grzegorz Walczak on Unsplash

HTML、CSS

ブラウザで表示される文字や画像の位置、大きさはHTMLとCSSで書かれています。

ページ全体の枠組み、文章・画像の配置や順番などはHTMLで書かれています。リンク先のURLもHTMLで書かれます。

CSSは、文章を装飾するのが大きな役割です。

WebサイトはPCとスマホで見た目が違います。ブラウザがどんなサイズなのかによって、表示する幅を変えたり

  1. 画面が広いなら画像を横に並べ
  2. 画面が狭いなら画像を縦に並べる

などの設定はCSSで行います。

枠の色を変えたり、角の丸い枠にしたりするのもCSSの役割です。

PHP

Webサイトで検索したり、コメントを書き込んで送信するなどの仕組みはPHPで書かれています。

ユーザが検索した結果をブラウザに表示させたり、会員登録、ショッピングカートに入れたり、などの処理はPHPで行われています。

ブログでよく使われているWordPressはPHPを使って書かれています。

ブラウザで表示する材料(文章や画像など)をデータベースから集め、HTMLを自動的に組み立ててブラウザに表示するときにもPHPが使われています。

JavaScript

ブラウザを操作して「画面が動く部分」はJavaScriptで作られています。

ブラウザでWebページを開いて、ボタンをクリックすると、画像がにゅっと現れたり色が変わったりの動作です。

他にも、ユーザがメールアドレスや名前・住所を入力するときに、「@」が抜けていないか、全角が使われてないか、などのチェックにもJavaScriptが使われています。

Ruby

RubyはWeb開発で広く使われている言語です。Web開発に使われる用途はPHPと似ています。

Rub yは数行でも実際に使えるプログラムを書けるので、最初のハードルが低く、初心者がとりくみやすい言語です。

Rubyはまつもとゆきひろ氏が開発した言語で、日本語での情報も多く学習しやすいのが特徴です。

Python

Webブラウザで動作するアプリの開発に使われています。

ほかにも、機械学習やデータ解析の中心的な言語になっています。

Rubyと同じく、初心者が学習しやすい言語なので、Rubyと比較されることも多いです。

 

Pythonの特徴の一つに「他人が書いたプログラムを読みやすい」というのがあります。

Rubyは自由度が高く、慣れると便利な分、他人からは読みにくいところがあるのですが、Pythonは書き方が制限さえている分、他人でも読みやすいプログラムを書きやすくなっています。

Pythonに関する日本語の情報は以前は少なかったのですが、最近は増えてきたので学習しやすくなりました。

Pythonは海外での人気が高い言語です。

他の分野でよく使われる言語

Photo by rawpixel on Unsplash

Java

Javaは、企業の大規模な業務システムによく使われています。

最初に覚えることが多いので、まったくの初心者が独学で学習すするのはハードルが高いでしょう。

Javaプログラマは、フリーランスより組織の中の人というイメージが多いですね。

Javaのエンジニアの募集は多いです。

JavaはAndroidアプリに使われる言語でもあります。

C#

マイクロソフトが開発した言語で、Javaに似た言語です。

JavaかC#を知っていれば、互いに学習するのは楽なので、迷ったらどちらを学んでもいいと思います。

C/C++

ハードウェアを制御したりシステムを作るために、古くから使われている言語です。

最初に覚えることはJavaよりも多く、細かな知識も必要です。

プログラムが動いた実感を得るまでの道のりが長いのも辛いところです。

Swift

AppleがiOS用に開発した言語です。

IOSのアプリはSwiftで書かれています。

PythonやRubyなどと同じように簡単に始めやすい言語ですが、Web開発にはほとんど使われていません。

情報も少ないので、Web開発に最初に学ぶ言語の優先度は低いでしょう。

 

コメント