【Mac】AlfredからSlackに投稿する

Slackに投稿するのにわざわざSlackに切り替えるのは面倒くさい。

Alfredを使っているなら、AlfredからSlackに送れると便利ですね。

Slackに投稿できるAlfredのワークフローはいくつかあるようですが、更新日時が新しいワークフロー「slack」を利用してみました。

インストール

ここで紹介する具体的な手順は公式サイトに書いてあるままです。

公式サイトSlack.alfredworkflow

からダウンロードし、

ダブルクリックでインストールします。

Webサイトにある指示どおりにSlackにワークフローを登録します。

「Create App」として表示されるClient IDとClient Secretは、あとから必要になります。

その後、説明どおりにhttp://yannickglt.github.io/alfred-slack/

の画面で、team名とClient IDを入力します。

 

Teamは適当でいいようです。

Client IDは先ほど取得した値を入力します。

「Generate code」のあとで「許可する」のあとに表示されるページに表示される長いコードを「Copy to clipboard」でコピーしておきます。

 

ここでAlfredを開きます。

「slackスペース」で表示された入力画面に

–add-client

に続けて

クリップボードにコピーした値:Client Secretの値

を入力します。

slack --add-client 「Copy to clipboardの値」 コロン 「Client Secretの値」

登録のメッセージが表示されます。

最後にキャッシュをクリアすれば終了です。

 

あとは、Alfredから入力するだけです。

 

コメント