WordPress:非公開の記事を下書きに戻すには

非公開にしたWordPresで記事を「下書き」に戻す方法です。

いったん公開した記事を下書きに戻すときにちょっと戸惑ったので、メモしておきます。

非公開の記事を下書きにするには、いったん公開にしてから行う

下書きにするには、「非公開」⇛「公開」⇛「下書き」の手順が必要です。

これだけなんですが、私は気づかずに非公開のまま下書きに変更しようとして、困ってしまいました。

 

非公開の記事を公開して、下書きするには2通りの方法があります。

クイック編集で下書きに戻す場合

簡単なのは「クイック編集」から下書きに戻す方法です。

 

ここで大事なのは左側の「非公開」のチェックを外すこと。

 

チェックがあるままだと「更新」して、「投稿一覧」画面に戻っても反映されません。

 

チェックを外したら、右の「ステータス」から「下書き」を選択して「更新」すれば、記事の状態が下書きとして反映されます。

 

個別の「編集」から下書きに戻す場合

「公開状態」が「非公開」になっている場合は、「ステータス:非公開」の部分に「編集」の表示が現れません。

修正するにはまず、公開状態を「公開」に変更します。

すると「ステータス」に「編集」の選択が現れるので

ここから「下書き」を選んで「OK」を押し「更新」します。

 

これで記事のステータスが下書きに変更できました。

 

ステータスを保存するには「公開」を押して記事を閉じます。

下書きにするのに「公開」を押すのは気になりますが、これで下書きに戻ります。

まとめ

WordPressでいったん非公開にした記事を下書きに戻す方法は、

非公開 ⇛ 公開 ⇛ 下書き

でした。

 

新しく記事を書くときは、まったく逆で

下書き ⇛ 公開 ⇛ 非公開

ですから、一見不自然に見えて自然なのかもしれません。

コメント