macOSにminicondaを公式サイトの方法でにインストール、アンイストールする

macOSでやMinicondaを利用する方法は、

homebrew+pyenv+miniconda

が良く紹介されていますが、minicondaをすぐ使いたいなら公式サイトの方法が簡単です。

この記事では

公式サイトの説明通りに

  1. minicondaのインストール
  2. minicondaのアンイストール

を紹介します。どちらも簡単です。

macOSにMinicondaのインストールする

minicondaの公式サイトを忠実に実行するだけです。

公式サイトからMinicondaのダウンロードページに移り、

Python3.7をダウンロードします。

ターミナルからbashのコマンドラインでインストーラを実行します。

 $ bash Miniconda3-latest-MacOSX-x86_64.sh

途中の質問は全部「yes」でインストールされます。

miniconadaはデフォルトのディレクトリ「~/miniconda3」にインストールされ、.bash_proflieにPATHの設定が追加されます。

# added by Miniconda3 installer export PATH="/Users/ユーザ名/miniconda3/bin:$PATH"

元の.bash_profileは「.bash_profile-miniconda3.bak」としてバックアップされています。

変更した.bash_profileの設定を有効にしておきましょう。

 $ source ~/.bash_profile

 

これで公式サイト方法を使ったminicondaのインストールは終わりです。

macOSからMinicondaをアンイストールする

アンイストールも簡単です。

1)Minicondaがインストールされているフォルダを削除します。(デフォルトは「~/minicnda3」)

$ rm -rf ~/miniconda3/

 

2).bash_profileの設定を削除します。

# added by Miniconda3 installer
export PATH="/Users/ユーザ名/miniconda3/bin:$PATH" 

の部分を削除します。

 

3)もし存在すれば、

.condarc(ファイル)
.conda(ディレクトリ)
.continuum(ディレクトリ)

を削除します。

$ rm -rf ~/.condarc ~/.conda ~/.continuum

 

ただし、公式インストールでcondaが別にインストールされている場合は、.codaディレクトリを削除せずに、minicondaの項目だけ削除します。

ファイル「.conda/environments.txt」の

/Users/ユーザ名/miniconda3

の項目を削除します。

.condaディレクトリは残しておきます。

 

これでアンイストールは終わりです。

***

minicondaを使うなら、公式サイトの方法で行うのが簡単です。

まず公式サイトを確認してみましょう。

 

コメント