30代だけど、独学でWebエンジニアになれる?

30代、未経験なんだけど今からWebエンジニアなれるかな?

知識を身につけて、その後、就職先を見つけるのは難しい?

できればフリーランスになりたいんだけど?

 

Webエンジニアの知識は独学しやい知識が多いジャンルです。でも就職したり、いきなり仕事を受注するのはハードルが高いですよ。

その理由をご説明します。

Webエンジニアの勉強は始めやすい?

 

Webエンジニアに必要な知識は、他のプログラミング言語より入門しやすいです。

Webエンジニアになるために勉強するのは

HTML、CSS、PHP、JavaScrip、Ruby、MySQL

など。

JavaとかC++と比べると入門が楽なのが特徴です。

JavaとかC++になると、何も分からない最初に覚えることが多すぎて大変ですよ。忍耐力が必要です。

プログラムを実行させても、最初のうちは文字を黒いターミナルと呼ばれる画面に表示させる地味なのものが多いですから。

学習が進むと見た目のハデさは関係なくなるのですが、最初は地味すぎるのはモチベーションが下がります。

まぁ、Web関係のRubyやMySQLも地味なんですけどね。

Webエンジニアには何を勉強すればいいのか

 

HTML、CSS、PHP、JavaScrip、Ruby、MySQLを順番に始めましょう。

Ruby、MySQLは後回しでもいいかもしれません。

HTMLとCSSはペアで使うので、同時に学習を進行できます。

JavaScript、PHPは、「HTML・CSSに機能を追加する」感じで学習できます

HTML・CSSから、PHP・JavaScripまで、4つを一気に独学できます。

 

独学でHTML、CSS、PHPを始めやすい理由には、「個人で学んでいる人が多い」分野なので、自分が疑問に思う内容を探しやすい利点があります。

Javaは「チームプレーの言語」という感じです。

Web上で入門書を探すと「新人教育」に向いた書籍の紹介とか多く登場し、学んでいる側より、教える側の情報が多かったりするんですよ。

Webエンジニアになる学習法は?

 

プログラミングはどの言語も学習法は同じで、早く入門書1冊や学習サイト1コースを終わらせて、自分で何か作ってみることです。

学習をはじめたばかりで知識が足りないときは、あれこれ考える時間がむしろ無駄なので、ひととおり終わってからがいいですよ。

1つの本やコースは60%の理解でもいいと思います。何周か繰り返しましょう。

 

自分で何か作るときは、かならず形に仕上げると力がつきます。

何をするのかはっきり決めて形にするのが大事です。

学習をはじめたときは、本や学習サイトを写経し実行するだけでいいのですが、それだと身につかないので。

 

自分で形にしようとするとむずかしいんですよ。

私なんか、本を読み終えて自分で書こうと思ったら、本やサイトを見ないと1行も書けませんでした。

プログラミングを覚えるはこの繰り返しです。

 

で、独学は可能なの?

 

独学で学ぶなら、何かの手段を使って勉強会に出るとか、仲間を作るとか「外から情報が入ってくる状態」にしないと仕事にするのは難しいです。

「自分でWebサイトを作ってそれを元に売り込む」と考える人もいますが現実的ではありません。

初心者が作ってもありきたりのサイトを超えることはできないですから。

もちろん独学でフリーになって生活しているという人もいますが、1回もスクールに言ったことがない、誰にも習ったことがない、という人はいないと思います。

自分が今やろうとしているのは、どんな感じなのか。周りの人はどのくらいか、自分と同じくらいの人間はどのくらいいるかを知るのは、仕事に付く場合でも、学習の目安を知るためにも大事です。

仕事に結びつくのだって、人とのつながり(コネとも言う)ですから。

特に小さな会社に採用されたり、仕事を受注するのは知り合いから、という理由が多いですね。

 

スクールというのは、最初に突き当たるコネ(とうか人のつながり)を与えてくれる役割もします。そちらのほうが重要かもしれません。

30代、未経験で、Webエンジニアになるなら、1度はスクールに行ってみるのが早道だと思いますよ。

プログラミングスクールを選ぶときに考える3つのポイント
プログラミングスクールを決めたいんだけど、多すぎて分からない。 スクールのスペックを見てたら時間ばかり過ぎてしまった。はやくどれかに決めて学習したい。 という人に、プログラミングスクールを選ぶときに考える3つのポイントをご紹介し...

コメント